トップページ

    このサイトではアメ車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車買取で高く売れるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    アメ車を高く売るために重要なことは、いくつかの買取業者にアメ車の査定してもらうことです。「買取査定をお願いするのは1社だけ」とか「近所のディーラーで下取りを依頼する」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを利用すれば数分で終わる簡単な入力のみで、同時に複数の買取業者からの見積もり相場を比較することができます。アメリカ車を得意としている専門店もありますので、あなたのアメ車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアメ車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからアメ車の買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちのアメリカ車でも高く買い取ってくれる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるアメ車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることでアメ車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者がアメリカ車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場がわかる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたのアメ車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用したアメ車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車・輸入車専門の中古車買取店。
    外車を専門にして17年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車に特化した買取専門店なので、あなたのアメリカ車も他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    なので、上記のランキングで紹介した一括査定サイトを利用して買取査定の相場を確認した後に、最後に外車王でアメ車の査定をしてもらうのがおすすめです。

    他の買取業者よりも高い査定額を提示してくれた場合は外車王にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    中古車買取業者の中には、輸入車専門だったり、事故車や軽自動車を扱うなど、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方が多分買取額が高くなるはずです。

    そのような会社は中古車の一括査定サイトを使ったときに、他の業者よりもちょっと高い金額を表示してくるので、なんとなく分かります。

    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルには何個か考えることができますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、再度チェックしたら問題が出てきたと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、あわてずに消費者生活センターや警察などに相談してみることをオススメします。

    中古車売却の際には、なるべく沢山の会社に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、できるだけ高値で車を売る秘訣と言えますね。

    同じ時刻に何社かの査定士に見てもらって、みんなで見積額を競争するようにしてしまうのも有利にはたらく方法です。

    価格競争させるのはマナー違反ではなくて結構良くあることですから、気に病む必要はありません。

    話は変わって、契約の時には取り引きの際の契約書の中味はきちんと読み込む事が大切ですね。

    年間走行距離数は普通、10000kmが目安と言われます。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって査定時にもその程度ごとに減点対象となり、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といって値段がつかないこともあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと却ってパーツが劣化して故障寸前になっているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、俗に「過走行車」と言われます。

    一般の中古買取店などで査定してもらってもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    自分の車を査定してほしくても、買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。

    複数店舗の査定額などその場では比較しようもありませんので、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。

    強いてその長所を挙げるとすれば、「スピード」の一点に絞られるでしょう。

    買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、トントン拍子で契約完了ということも考えられます。

    車を売却しようとして最近見かけるインターネット一括査定システムに登録すると、現物を見せてくださいという内容の電話が殺到し、対応に困ることも少なくありません。

    そこまで対処している暇がないという人は、同じ査定サイトでもメール連絡のみのところをあらかじめ利用するようにすると良いでしょう。

    非常識な買取店になると相手の都合も時間帯も完全に無視して営業電話をかけてくるということが実際にあるようです。

    それなら最初からメールのみにしておけば、生活や業務に支障を来すこともないでしょう。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、普通自動車を売却しないでそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    軽自動車に関してはまた別で、税金の還付はありません。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    しかしながら、自動車税のことについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用していなくても維持費がかかってきます。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、自動車保険代もかかります。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、駐車場の料金もかかってくるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、結構大きな維持費用を支払っても所有しなければいけないのか存分にあれこれ検討してみると、どうした方が最善かという結論を導きやすいでしょう。