トップページ

    このサイトではアメ車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車買取で高く売れるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    アメ車を高く売るために重要なことは、いくつかの買取業者にアメ車の査定してもらうことです。「買取査定をお願いするのは1社だけ」とか「近所のディーラーで下取りを依頼する」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを利用すれば数分で終わる簡単な入力のみで、同時に複数の買取業者からの見積もり相場を比較することができます。アメリカ車を得意としている専門店もありますので、あなたのアメ車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアメ車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからアメ車の買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちのアメリカ車でも高く買い取ってくれる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるアメ車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることでアメ車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者がアメリカ車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場がわかる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたのアメ車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用したアメ車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車・輸入車専門の中古車買取店。
    外車を専門にして17年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車に特化した買取専門店なので、あなたのアメリカ車も他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    なので、上記のランキングで紹介した一括査定サイトを利用して買取査定の相場を確認した後に、最後に外車王でアメ車の査定をしてもらうのがおすすめです。

    他の買取業者よりも高い査定額を提示してくれた場合は外車王にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    車一括査定サイトを利用する際に注意すべき事のひとつに、一番高値で見積もった業者が必ずしも優良業者ではないかもしれないと言うことが挙げられます。

    複数の業者の買取査定金額を比べた際、平均的な金額よりもずば抜けて高値を出している業者がある場合には「なにか変だな」と感じた方が良いでしょう。

    そこで取り引きを実行すると決まったときには、売買契約を取り交わした後から何だかんだと言われて査定された金額よりも買取額が断然低い金額になってしまう場合もあるのですよ。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

    実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、売るときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    中古車買取専門店は古物営業法という法律に則って、取り引きをした相手の名前や住所などの情報をしっかりと記録しておく義務があるからです。

    中古車買取の業者に実際に出向かなくても、ウェブで車の見積もりを行えるホームページはたくさん存在しています。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は店舗の担当者が実際に査定して確認しないと一概には金額を言えない状況もありますが、一気に山のような業者の見積もりをとってくることが可能なので、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を除外して、その他の店舗で実際に売ることができるので有益だと言えるでしょう。

    売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。

    しかし新しいタイヤに交換してまで査定に臨む必要はないでしょう。

    どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。

    それに、中古車販売店の方で今の流行に合ったタイヤにつけなおして売るのが極めて普通に行われているからです。

    タイヤは交換が容易な消耗品ですから、車全体の査定額に及ぼすマイナスはないわけではありませんが、非常に僅かなものです。

    せっかく交換しても得することはほとんどないでしょう。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、次の選択肢は2つしかありません。

    廃車にするまで乗り続けるか、廃車に近い車を専門に扱う業者に売却するかのどちらかでしょう。

    過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、使えるところは分解してでも使うというやり方で流通させるのがどちらかといえば本業です。

    だからこそ普通の業者で断られるような車も相応の値段をつけられるわけです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    業者から高額査定を引き出すコツとしては、見積もりをとる業者はかならず複数であることが必須事項です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに中古車買取業者の店舗のあるところまで、比較検討のために幾つも回れるでしょうか。

    そんなときに中古車一括査定サイトが役立ってくれるのです。

    24時間いつでも申し込みでき、1回の入力で何十社もの見積額を知ることができるため、短時間で手続きが済みます。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社から先を争って電話連絡が来ますから、気をつけてください。

    全社を指定してしまうと電話だけで大変です。

    本来ならば車を売るときには、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなことがあるのです。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、査定対象外と見なされることも多いのです。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、大変な思いをして自分で修理しようとしないで、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、古い年式の自動車だったら1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    自動車を売るときには走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないと何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。

    自動車を手放す手続きをする際には、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    しかしながら、新たに買った自動車に対しては、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。