トップページ

    このサイトではアメ車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車買取で高く売れるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    アメ車を高く売るために重要なことは、いくつかの買取業者にアメ車の査定してもらうことです。「買取査定をお願いするのは1社だけ」とか「近所のディーラーで下取りを依頼する」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを利用すれば数分で終わる簡単な入力のみで、同時に複数の買取業者からの見積もり相場を比較することができます。アメリカ車を得意としている専門店もありますので、あなたのアメ車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアメ車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからアメ車の買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちのアメリカ車でも高く買い取ってくれる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるアメ車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることでアメ車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者がアメリカ車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場がわかる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたのアメ車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用したアメ車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車・輸入車専門の中古車買取店。
    外車を専門にして17年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車に特化した買取専門店なので、あなたのアメリカ車も他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    なので、上記のランキングで紹介した一括査定サイトを利用して買取査定の相場を確認した後に、最後に外車王でアメ車の査定をしてもらうのがおすすめです。

    他の買取業者よりも高い査定額を提示してくれた場合は外車王にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    中古車売買における車の査定基準というものは、その車の走行距離や年式、事故歴があるかないかや、内装および外装の状態などです。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、査定に行く前に入念に清掃することで見積金額のアップが狙えます。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、嘘をつかずに申告してください。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、その車のオークションでの査定相場を考慮して、買取希望者に示す見積金額を決定しているのです。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、自賠責保険証明書、および車検証の2種類のみなので、きっとすぐに取り出せるところにあるでしょうし、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的な何枚かの証書が必要になるでしょう。

    引っ越しをしていたり結婚したりして姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。

    これは中古車査定の場合だけではなくて、どんな分野でも同様のことが言えるでしょうが、口コミには否定的なものが絶対あるのです。

    数個の悪い口コミを発見しても、そのコメントだけに振り回されると結局のところ何も申し込めない事態に陥ります。

    レビューはあくまでレビューとして参考にするだけで、思い切って無料見積もりを申し込んでみて、その査定時に自らが持った感想で判断していくことが最良の方法となるに違いないのです。

    いつでもどこでもアクセスできるのがネット上にある中古車買取一括査定サイトです。

    わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額を入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    とはいえ短所もないとは言い切れません。

    時間があったので深夜に査定サイトに登録したら、これから寝るぞという時に夜間営業の中古車屋などから電話がかかってくるなどということもあるそうです。

    夜の方が都合が良いという人もいますし、迷惑かどうかは個人の事情にもよるのですが、無難な連絡先を指定すると良いでしょう。

    出張査定を買取業者に依頼すると、どの業者も「今、契約を」と言うものです。

    ここで即決なら買取金額を幾らアップしてもいいなどという商談が展開されるでしょうが、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。

    買取りのための査定では、複数業者の査定額を比較するのが好条件で買い取ってもらうための基本です。

    とりあえず多くの会社から見積りを出してもらい、検討材料が揃って納得がいってから最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほど価格に対する影響が少ないものです。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    タイヤの価格でいえばスタッドレスのほうが高いものの、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的には業者は通常のタイヤにつけかえてから市場に出すというプロセスが加わります。

    ですから業者としてはスタッドレスは歓迎しませんし、タイヤ交換費の分を査定額から引くので、安くなってしまうのです。

    下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、机上査定の金額を知ることから始まります。

    そして買取対象となる車を実際に業者が採点していき、買取金額の提示となります。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。

    契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

    そして先方による書類上の手続き等を経て代金が支払われます。

    支払いは振込が一般的です。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    それから、印鑑証明は所有する自動車を売却する時だけではなく買うときにも提出する必要があるので、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印を準備しなければいけません。

    もし必要書類のうちの一つである納税証明書をなくしてしまったときには、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いする場所が違うのです。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。