トップページ

    このサイトではアメ車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車買取で高く売れるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    アメ車を高く売るために重要なことは、いくつかの買取業者にアメ車の査定してもらうことです。「買取査定をお願いするのは1社だけ」とか「近所のディーラーで下取りを依頼する」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを利用すれば数分で終わる簡単な入力のみで、同時に複数の買取業者からの見積もり相場を比較することができます。アメリカ車を得意としている専門店もありますので、あなたのアメ車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアメ車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからアメ車の買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちのアメリカ車でも高く買い取ってくれる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるアメ車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることでアメ車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者がアメリカ車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場がわかる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたのアメ車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用したアメ車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車・輸入車専門の中古車買取店。
    外車を専門にして17年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車に特化した買取専門店なので、あなたのアメリカ車も他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    なので、上記のランキングで紹介した一括査定サイトを利用して買取査定の相場を確認した後に、最後に外車王でアメ車の査定をしてもらうのがおすすめです。

    他の買取業者よりも高い査定額を提示してくれた場合は外車王にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    どんな分野の売却においても同様でしょうが、めまぐるしく査定額が変わるのです。

    分かりやすいところでは、オープンカーは冬場は相場が下がるなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などがほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、初めて登録した日からの日数が経っていないほど高値になる可能性が高いです。

    車を手放そうと考えたら数日でも早いほうがおそらく高値で取り引きできるでしょう。

    一般論を言うと、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会(JAAI)に中古車の査定を申し込まなければなりません。

    JAAIの事業所は全国展開していて、50ヶ所以上あります。

    そして、有料での査定になっています。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    専門家の査定士にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりにそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、口からでまかせを言ったことが災いしてスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも存分に考えられるので、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、中古車を査定する際に業者が提示した価格にも必ず期限が設けられ、それ以降は無効となります。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、念の為にその金額がいつまで有効なのかを担当者にあらかじめ確認しておくべきです。

    最長で2週間ばかりの有効期限が設定されていると思いますが、決算期やボーナス時期などには非常に期間が短くなっていることもありますので、気をつけなければいけません。

    仮に車内の清掃が完璧であったり、洗車済みであろうと掃除状況は業者によるチェック対象ではないので査定額は変わらないです。

    所有者がする程度の掃除なら、後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    訪問した時に査定対象の車が清潔でピカピカであれば、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    査定は減点採点で行われるのが普通ですが、それを入力するのは営業マンですし、査定額に与える心証効果というのは無視できません。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで対象車の市場価値を計算するのが常です。

    標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、事故歴、修理歴、傷、故障、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、バレずに済むはずがありません。

    自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて自動車購入の際にも入り用になってきますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、査定時にプラス評価が付きます。

    しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて車検が終了した直後に車を手放すことは無意味といって良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、一般的な普通自動車を売らずにそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    廃車にするのが軽自動車だったときには、税金の還付はありません。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについていちいち説明してくれるとは限りません。

    できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。