トップページ

    このサイトではアメ車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車買取で高く売れるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    アメ車を高く売るために重要なことは、いくつかの買取業者にアメ車の査定してもらうことです。「買取査定をお願いするのは1社だけ」とか「近所のディーラーで下取りを依頼する」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを利用すれば数分で終わる簡単な入力のみで、同時に複数の買取業者からの見積もり相場を比較することができます。アメリカ車を得意としている専門店もありますので、あなたのアメ車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアメ車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからアメ車の買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちのアメリカ車でも高く買い取ってくれる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるアメ車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることでアメ車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者がアメリカ車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場がわかる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたのアメ車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用したアメ車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車・輸入車専門の中古車買取店。
    外車を専門にして17年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車に特化した買取専門店なので、あなたのアメリカ車も他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    なので、上記のランキングで紹介した一括査定サイトを利用して買取査定の相場を確認した後に、最後に外車王でアメ車の査定をしてもらうのがおすすめです。

    他の買取業者よりも高い査定額を提示してくれた場合は外車王にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、ちょっと査定額がアップするという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして外装の汚れや傷などが分かり難くなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    オンラインで中古車一括査定サイトを利用するときのに欠点となる事と言ったら、依頼した中古車買取会社から電話攻撃が一斉に始まることがあります。

    はじめは自分で利用したわけですし、仕方ないことだと言えなくもないのですが、ストレスをためてしまうよりは、車を売る決心をしていなかったとしてもとっくに車を売ってしまって手元にないと出任せを言うのが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

    中古車売買における車の査定基準というものは、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    この確認項目のうちで外装および内装は、買い取り店に行く前に念入りに掃除を行うことで査定額はアップするでしょう。

    事故を起こしたことがある場合は、査定士のプロの目で見れば隠しても一発で判明しますから、嘘をつかずに申告してください。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、オークションの査定相場金額を鑑みて、最終的な見積額を決定します。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    その場合、製造年は無関係で、車検証の「初度登録年月」ですから間違えないようにしましょう。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、もし購入する気持ちで考えてみると、状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようと車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。

    事実を隠すという行動は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。

    また本来申告すべき情報を隠す行為は不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    そもそも契約書の規定にも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで現物査定を受けるつもりであれば、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、突然の持ち込みでも対応してくれます。

    但し、持ち込んだ一社にしか査定してもらえませんから、基準となる相場もわからないまま価格交渉に臨むことになります。

    ですから相場より安い価格で買われてしまうこともあります。

    一社より多数の会社に出張査定依頼するほうが満足のいく結果が出しやすいです。

    現実の査定に出して示された金額は、ずっとそのままの値段で取り引きしてくれるのとは違います。

    常に変化しているのが中古車の価格相場なので、最終的な査定金額にはある程度の期間保証を付けて提示しているところが多いです。

    査定金額を示されたときにその場で売ることを決心できないときには示された見積金額がいつまで有効なのか必ず聞いておくようにしてください。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、期間が結構長いと無理だと言われることの方が多いはずです。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと見積額に影響することはほぼなくなるのです。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて売却前に車検を通すことは無意味といって良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    近頃市場に出回っている自動車は買った当初からカーナビが付いているものが多くなりました。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限り評価してくれる可能性が高くなります。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、買い取りに出す前に外してしまってオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。