トップページ

    このサイトではアメ車の買取で高く売るためにおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「アメ車買取で高く売れるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    アメ車を高く売るために重要なことは、いくつかの買取業者にアメ車の査定してもらうことです。「買取査定をお願いするのは1社だけ」とか「近所のディーラーで下取りを依頼する」というのは間違いなく損をするので注意してください。

    このサイトでおすすめしている一括査定サービスを利用すれば数分で終わる簡単な入力のみで、同時に複数の買取業者からの見積もり相場を比較することができます。アメリカ車を得意としている専門店もありますので、あなたのアメ車を高く買い取ってもらうために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車見積もりの為の無料の一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーという人もいるくらい有名なので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアメ車の買取査定依頼ができます。

    中古車の一括サービスは利用すると複数の買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「できるだけ高く売りたいからアメ車の買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが今乗っているアメ車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちのアメリカ車でも高く買い取ってくれる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    アメ車の実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の買取会社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるアメ車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることでアメ車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者がアメリカ車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の買取相場がわかる有名な車買取一括サービス。
    提携している企業は約200社もあり、その中から最大で10社があなたのアメ車を査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較することができるので、複数業者に査定のお願いをして長年愛用したアメ車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車・輸入車専門の中古車買取店。
    外車を専門にして17年の実績があり、年間取扱台数は外車だけで約1500台。もちろん、全国対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車に特化した買取専門店なので、あなたのアメリカ車も他の買取業者より高く売れる可能性があります。
    なので、上記のランキングで紹介した一括査定サイトを利用して買取査定の相場を確認した後に、最後に外車王でアメ車の査定をしてもらうのがおすすめです。

    他の買取業者よりも高い査定額を提示してくれた場合は外車王にあなたが大切に乗ってきたアメ車を売りましょう。







    査定のプロである担当者にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    本当のところは事故車や修理歴のある車であるのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、ウソをついてしまったという事実があるとお店側の人間に信頼されなくなっても当然なのです。

    でまかせを言ったことが原因で、査定額は厳しくなるかもしれないことが考慮されますから、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    買取希望の車の査定基準は、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

    このうち車のボディーと内装に関しては、査定に行く前に入念に清掃することで見積金額のアップが狙えます。

    過去の事故歴については、嘘をついて隠してもプロなら瞬時に分かるので、最初に断っておくべきです。

    これらの査定基準を確認してから、その車のオークションでの査定相場を考慮して、実際の査定金額を導き出します。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、プラスの査定になることが多いでしょう。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場により常に流動的なものですから、流行があれば一定の色が査定見積もりの際に高値をつけるということも起きてくるのです。

    車の処分を考えている際に個人ができる方法は、ディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、高い買取額を狙うというのもありです。

    一方、ディーラー下取りでは価格競争の必要がないので高額な金額はつきにくいです。

    ただ、一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、いわゆる過走行車という扱いになり、査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。

    リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、多(過)走行車や事故車を専門に扱う業者に相談するという手があります。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    中古車屋の査定というのは、査定箇所を細かく分け、それぞれに標準値を設けた上でマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    減点評価が免れないものは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。

    ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、逆に減点の度合いが大きくなってしまうパターンも少なくありません。

    プロ並みの機材と労力があれば構わないですが、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    中古自走車を売却する際には、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    でも、新しく購入した車に関しては、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分で手続きに行っても良いと思います。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、売買契約書を持って行く必要があるのです。

    自分で自動車を持っていると、使用していなくても維持費がかかってきます。

    車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    ましてや、駐車スペースがなければ、駐車場の料金もかかってくるのです。

    自動車を売ってしまおうかと考えている人は、結構大きな維持費用を支払っても所有しなければいけないのかという見方で考えてみれば、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、凹みやキズなどがあるボディよりも無い方が高く査定されるでしょう。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つような場合があるので注意が必要です。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、査定対象外と見なされることも多いのです。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、頑張って自分でやってみようと思わずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。